お子様のお部屋のお掃除

【︎1】おもちゃを片づけます。

お子様が小さい時には色々なおもちゃで遊ばれることと思います。
床など掃除機を掛けやすいようにおもちゃをまずかたしていきます。
お子様が、またすぐに遊べるように探す手間がないように同じ種類の所へ片づける。

【︎2】絵本や漫画雑誌等を本棚に戻します。

絵本や漫画雑誌等も読んで出してあるままでしたら本棚に戻します。
本棚に戻す時には本の高さを揃えたり背表紙を見やすいよう並べます。
本棚の高さがある時にはお子様の背丈に合わせた所に並べますとお子様が、いつでも自由に本を出して読むことができます。
注意として常に本棚にある本の上にはホコリが残りやすいのでお掃除の時にはホコリを落としていきましょう。

【︎3】勉強机

机の上に置いたままの教科書や本は机の本棚に戻し綺麗に背表紙を揃え並べます。
鉛筆やペン等は机の上に使用したままでしたら鉛筆立てに戻す。
鉛筆立てが無いようでしたら机の上、右側のお仕事をする時すぐに取れる位置に机の上に垂直に置きます。
机の上の置いてある物は両手で動かし移動させて空いたスペースを拭き掃除します。
拭き掃除の時には奥から手前に奥にあるホコリを手前にかき出すように拭いていきます。

【︎4】ベッド

お子さんのベッドが朝、起きたままのようでしたら
・シーツのシワを伸ばします。
・タオルケット等を裏表、上下を確認して敷きます。
・枕は枕カバーのシワを伸ばしてベットの上、中心の所へ置きます。
・羽毛布団は最後カバーにシワが寄らないようピンと伸ばしベットから出る部分は左右対称にかけます。
・たたまれていないパジャマがあったら、たたんですぐに着られるように掛け布団の上に置きます。

【︎5】床掃除

掃除機を掛ける前にベットの下や机の下に物が落ちてないか確認します。
もしも何かベット下や机の下に物が落ちている時には机の上に置いておきます。
床はお子さんのお部屋の奥から手前に向かって掃除機をかけていきます。
安全に動かせる物は両手で動かし移動させてから掃除機をかけます掃除機のかけ方は掃除機のヘッドを床板の目に垂直に合わせ奥から手前にM字・N字を描くようにかけていきます。
掃除機をかけるときには壁にぶつけないように確認しながら優しくかけていきます。
スミやハシの方に掃除機を掛けるときには掃除機のノズルの細い部品に取り換えて吸い込んでいきます。
お掃除をする時に窓を開けて換気をするとお部屋の空気がさっぱりとします。
使用しているお掃除道具一覧
「掃除機」・・・小さなゴミやホコリを吸い取ってくれる機械です。
他のお掃除道具は↓
【お勧め お掃除道具 一覧】をご覧ください

まずはトライアルコースで
アールメイドのサービスをお試しください。