ダイニングルームのお掃除

【︎1】ホコリ落とし

壁・エアコンの表面・食器棚などのホコリを落として行きます。
高い位置、高い部分にある物からホコリを落としていきます。

~ここには注意~
見落としがちな床の回りを飾っている巾木(はばき)。ここにはホコリが溜まりやすいです。
お部屋を時計回り或いは反時計回りに落としていくと見落とす箇所は減ります。

【︎2】照明のお掃除

なかなか掃除することのない照明もホコリなどが溜まっているので定期的にお掃除してあげましょう。

  1. 照明の傘の上などに載っているホコリをクイックルワイパーで取り除きます。
    天井照明など手が届きにくい場合は「クイックルワイパーハンディ伸び縮みタイプ」で、柄を思いっきり伸ばしてホコリをからめ取れば、手軽で便利です。
    柄の先端部分が曲がるので、傘の裏や隙間まで片手でしっかりふき取れます。
    クイックルワイパーなら丸みの多い照明もストレスなくお掃除できます。
  2. 頑固な汚れは「かんたんマイペット」で拭き掃除
    照明によっては傘の部分に静電気でホコリが付着し、こびりつき汚れになる事があります。
    傘の部分を取り外して、柔らかい布にマイペットを吹きかけ、拭き取ります。 2度拭きは不要です。

~注意点~
照明は熱をおびているので電源を切って、一旦、冷ましましょう。
安全第一でお掃除しましょう。

【︎3】ダイニングテーブルを拭いていきます。

ダイニングテーブルの上を食卓用台布巾を水で固く絞り拭いていきます。
ダイニングテーブルの上の置いてある物、テレビリモコン等はテレビ画面の側に置きます。
食事後の食器がダイニングテーブルの上にある時にはキッチンに持って行き洗います。
ダイニングテーブルの上を拭く時、木目がある時には木目に沿って拭いていきます。
拭き方は一方向に拭きます。
左側から右側へ一方向のみに拭いていくのは 右側から左側、左側から右側へ拭いていくとテーブルの両サイドにホコリや汚れを残してしまう恐れがあるからです。

【︎4】ダイニングテーブルのイスのお掃除

ダイニングテーブルのイス背もたれ一番下(背もたれと座面のキワ)にはホコリや食べ物のカスが溜まりやすいです。
掃除機をかける時には背もたれ一番下の所を掃除機の細いノズルを使用して吸い込んでいきます。
そして、椅子の足の裏にもホコリは沢山付着しています。
イスを横に優しく寝かせます

イスに付いたホコリや髪の毛を乾拭きで取り除きます。
(それでも取れない汚れはヘラを使って削り取るのですが、椅子を傷つけたりする恐れがあるので扱いには注意が必要です)

【︎5】ダイニングルームに掃除機をかけます。

ダイニングルームに掃除機をかける時にはダイニングテーブル下や周辺に食べ物などのカスが落ちていることもあるのでイスを動かしまずダイニングテーブル下を吸い込んでいきます。
置いてあるインテリアに注意して掃除機をかけましょう。
動かせるものは両手でしっかり持ち移動して掃除機をかけ元の位置に戻してください。

【︎6】クイックルワイパー 拭き掃除

掃除機をかけた後、取り切れなかった汚れを取り除きます。
奥から手前に掃除機をかけて下さい。
こちらも物が動かせるものは丁寧に動かし、クイックルで物を倒したりしないように気をつけてお掃除します。
棚の下など掃除機で届かなかった所も丁寧に拭いて下さい。
使用しているお掃除道具一覧

  • 「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」・・・埃を吸着し、下に落とさないタイプの埃落としです。吸着する部分は、使い捨てで、汚れ状況により交換が可能です。
  • 「かんたんマイペット」・・・いろいろな汚れもスッキリ落ちます。除菌成分配合で2度ぶきなしでさっぱりと汚れを落とし、除菌もできます。
  • 「クイックルワイパー」・・・本体に市販のシートを付けるか雑巾を装着し、手軽に床の拭き掃除が出来るものです。
  • 「掃除機」・・・小さなゴミやホコリを吸い取ってくれる機械です。

他のお掃除道具は↓
【お勧め お掃除道具 一覧】をご覧ください

まずはトライアルコースで
アールメイドのサービスをお試しください。