窓のお掃除

準備する物
掃除用の雑巾2枚、スポンジ、スクイージー、空のペットボトル、ブラシの頭をまず用意します。
雑巾は1枚水に濡らして使いますが、もう一枚は仕上げで乾拭きしますので綺麗で柔らかい生地のタオルか雑巾をご用意くださいね。

【︎1】窓ガラスを水拭きします。

まず雑巾を水につけて絞り窓ガラス全体を拭いていきます。
窓ガラスが大きくて上の方が届かない時には クイックルワイパーの棒に雑巾をつけて拭くと脚立等を使わなくても拭くことができます。

【拭き方】
拭き方としては2種類あります。

  1. 上から下に。汚れを下に流していくイメージで行ってください。
  2. 右から左に。(逆でも可) こちらも汚れを横に寄せていくイメージです。

どちらの注意点としても、窓の中央などに汚れを残さず縁際までしっかり汚れを持っていくこと。
最後に縁際に寄せた汚れを拭き取って下さい。
~ワンポイント~
汚れが多い場合は水を多く含んだ雑巾で汚れを流してあげてから水拭きすると、汚れが取りやすいです。

【︎2】乾拭きします。

水拭きして窓ガラス全体の汚れを拭き取りましたら窓ガラスに水拭きした拭き跡が残っていると思いますので乾いた綺麗な柔らかいタオルもしくは雑巾で拭きあげていきます。
水拭きと同じように上から下か左から右(逆も可)で拭いて下さい。
※注意したいことが2つあります。

  1. 拭き跡、ホコリなどの付着の確認
    窓ガラスは光の反射によって見える所が変わってくるので、正面に立つだけではなく少し斜めから見上げたり横から見ることにより見えなかった拭き残しなどが見えてきます。
    その時に拭き跡あるいはホコリがあればその跡を消すように拭いて綺麗にします。
  2. 乾拭きをする際は、少しでも濡れてしまうと埃の付着などの原因になるので必ず乾いている面にこまめに変えて拭きましょう。

【︎3】スクイージーを使うと早いです。

もしも窓ガラスを掃除する時に水を流せるようでしたら窓ガラス全体をスポンジなどで濡らしてスクイージーで水分を切る(水分を取り除く)と①と②の段階を踏まずに簡単に綺麗にすることができます。
スクイージーの使い方は窓の上から下へ動かします。
スクイージーの持ち方は手首に力を入れ過ぎずスクイージーのゴムの面をガラスにピタリと当ててそのままガラスの上を滑らすように上から下へ動かします。
手首に力が入りすぎると上手く滑りません。
こちらも水拭きと同様で中央などで停めず、縁際までしっかり水を切って下さい。
上から下へ水を切っていくとスクイージーのゴムの部分に水が溜まるので下まで降ろしたら雑巾等で水を拭き取り上から下へ動かすことを繰り返します。

【︎4】サッシを綺麗にしていきます。

空のペットボトルに水を入れてブラシを取り付けます

写真にあるブラシの青いボタンを押すと水が出るようになります。
サッシの所にブラシを合わせながらペットボトルの本体を押すとブラシを伝わり水が出てきます。
そのままサッシの溝に合わせて動かすと簡単にホコリを洗い流せます。
サッシの溝にゴミやホコリが多い時には掃除機で吸い取っておくと尚洗いやすくなります。

ブラシで洗い流したら水分が溝に残っていると思いますのでお掃除用の雑巾で水分を拭き取ります。
雑巾が余分にない時には着なくなった綿のTシャツを雑巾代わりに使用したり穴が開いて処分しようとしていた靴下でも良いです。
スポンジを使用して溝に残った水分を吸い取っても良いでしょう。
使用しているお掃除道具一覧
「ペットボトルに取り付けられるブラシ」・・・ペットボトルに装着できブラシの部分からお水が出る便利グッズです。
他のお掃除道具は↓
【お勧め お掃除道具 一覧】をご覧ください

まずはトライアルコースで
アールメイドのサービスをお試しください。