玄関・庭のお掃除

玄関は靴などについた砂ほこりやホコリ、泥などが主な汚れです。
下駄箱は湿気が溜まるのでカビ臭さもあります。

【︎1】玄関のお掃除

①玄関ドアの拭き掃除
玄関の扉は一番最後に回すと思いがちですが、外が暗くなってしまうと汚れが見えなくなってしまうので、一番最初に行いましょう。
まず、ハケを使って上から下にホコリを落としていきます。

重曹で湿らせた雑巾を扉の上から下に拭くのを意識して全体を拭いていきます。

水拭きを同じようにした後、乾拭きをしたらおしまいです。
~ポイント~
玄関のお掃除をする時は外光の当たる明るい中ですることが大切です。
扉のお掃除の時はいきなりの水拭きはNG。水と汚れが混じり拭き跡の原因になります。

②玄関のホコリ落とし
まず、壁や靴だなの上などのホコリをクイックルハンディーなどでホコリを落としていきます。

③下駄箱の拭き掃除
下駄箱の上や扉の表面を濡れ雑巾を固く絞り拭きます。
拭き跡が残りそうなほど水気がある雑巾で拭いた場合は乾拭きを行って下さい。
下駄箱の中の清掃はまず、靴をすべて外に出します。

下駄箱の中のホコリや砂ほこりなどをチリトリで払い取ります。

エタノールを含ませた雑巾で拭きます。

少し下駄箱のドアを開け放してしっかり換気、通風しましょう。

④玄関の土間の掃き掃除
玄関の土間は靴など下駄箱の中にしまえる物は入れます。
玄関先に出しておく履物はサンダル1足か家族の人数分の靴だけ置いておきましょう。
そして玄関土間にある物を一端、外に出してホコリや砂ぼこり、ゴミなどをホウキで掃いていきましょう。
ホコリが立ちやすい時には新聞紙を水で濡らして丸めた物を土間に置いておくとホコリが新聞紙にくっついて、あとはその新聞紙をホウキで掃いたらおしまいです。
月に1度は捨てる前の雑巾で土間を水拭きすると、さっぱりとします。

【︎2】庭のお掃除

  1. 庭のお掃除は玄関から門までホウキで落ちている花や葉、ホコリを掃いていきます。
    お庭の雑草が目立ってきましたら抜いていくことをおススメします。
    ~ポイント~
    雑草などはこまめに抜いておきましょう。
    増殖してしまうと土を掘り起こして繋がっている根っこをごっそり抜かなければなりません。増殖してしまう前に抜いておくと手入れが楽ですよ。
    綺麗なお庭だと近所の方も、自分自身も心が華やかになりますよね。
  2. 玄関先のタイルや石貼りの床の清掃泥・砂・コケ・油などの汚れが主です。
    表面上の汚れは簡単に落とせますが、浸みこんでしまっている汚れは水だけでは落とせません。
    この2つの汚れについてのお掃除方法を紹介します。

【表面上の汚れの場合】
まず、水洗いです。 ホースなどを使い水を流しながらデッキブラシで擦り落とします。
油分などの水だけでは落としにくい汚れはトイレ用洗剤を使うと粘着性があり泡立ちも少なく落としやすいです。

【浸みこんでしまっている汚れ】
水洗いしても取れない、トイレ用洗剤でも落ちない汚れは浸みこんでしまっている可能性が高いです。
レンガ、タイル、石材は目には見えない無数の穴が空いているものが多く、その穴に汚れが付着してしまうと、水だけでは落とすのが難しくなってしまいます。
そんな汚れを落とすのが【重曹とお酢】です。
まず、重曹をブラシに付けて軽く擦ります。その時に数量の水を使うと効果的です。
水で洗い流しその後に2~3倍水で薄めたお酢のスプレーを汚れに吹きかけ軽く擦ります。
これで、アルカリ性と酸性の汚れを落とすことができます。
また、重曹の白いアルカリ成分が残る事も防げます。
この方法に抵抗がある方は、家庭用高圧洗浄機を使ってみるのもいいかもしれません。

使用しているお掃除道具一覧
「クイックワイパーハンディ」・・・埃を吸着し、下に落とさないタイプの埃落としです。吸着する部分は、使い捨てで、汚れ状況により交換が可能です。
「チリトリ」・・・ホウキで集めたゴミやホコリ等を拾うものです。
「ホウキ」・・・ゴミやホコリ等を1点に集めるために使う道具です。
「新聞紙」・・・玄関の小さな汚れを吸着して取ってくれます。
他のお掃除道具は↓
【お勧め お掃除道具 一覧】をご覧ください

まずはトライアルコースで
アールメイドのサービスをお試しください。